『理事長の言葉』

新年度のご挨拶

新年度を迎え、新入職員が入職し、人事異動が実施される等、各職場では顔ぶれも変わり、職員は新鮮な気持ちで日々の業務に邁進しております。
 又、介護保険制度の改正も実施されました。社会の変化に伴い、福祉の諸政策も慌ただしく変容しており、特に影響の大きい介護や保育の分野で事業をしている当法人では変化に柔軟に対応していくために常に努力を積み重ねていかねばなりません。 
 今年は3月14日の北陸新幹線開業により、足立万葉苑とヘルパーステーション万葉への日帰りが可能となり、嬉しい限りです。また、射水市制十周年を迎え、当市で10月に全国豊かな海づくり大会が開催され、天皇陛下をお迎えするという記念の年でもあります。
 認定子ども園への移行や後期高齢者の急増に伴う認知症患者の急増、介護職員の不足等課題は山積みです。当法人の全職員が初心を忘れず、底なしの親切とよろこびをモットーに、地域福祉の更なる進展に尽くしていくことを念願しております。

社会福祉法人 射水万葉会 

社会福祉法人 射水万葉会 
理事長 矢野 道三