訪問介護サービスについて

ご自宅での基本的な日常生活をサポートします。

目的

訪問介護サービス

ご利用者の気持ちと個性を尊重しながら、QOL(生活の質)を高め、自立支援に向けたサービスを提供いたします。お身体の状況だけでなく、より「その人らしさ」を活かした生活が継続することをめざします。

在宅介護の基本的なケアサービスとして、訪問介護サービスがあります。ご自宅ヘケアスタッフがおうかがいし、ケアプランに沿って自立支援に向けたサービスを行います。ケアスタッフは、介護のプロとしてご利用者としっかり向き合い、心のケアも考えながら、ケアプランに沿った必要なケアでご利用者をサポートいたします。

2006年4月の介護保険制度の改定により、介護予防訪問介護サービスが導入されました。地域包括支援七ンターの立てた介護予防のプランに基づき介護予防を目的として、ご利用者が自立した生活を送れるよう、ご自分でできることを増やすことをめざしたサービスを提供します。

鍵をお預かりする深夜のケア

深夜のケアサービスを行う際、ご利用者宅の鍵をお預かりしています。ご家族を起こさないよう、状態の確認や、適切なケアを行います。鍵のお預かりからお返しまで、綿密なマニュアルを設け、数多くの手順を踏むよう管理を徹底しています。鍵の行方を24時間明確にするとともに、何より安全性を優先しています。

対象となるご利用者

要支援・要介護認定を受けている方。

日常生活に支障をきたし、介護が必要になった方。

サービスを担うスタッフ
  • 管理者
    センター運営の責任者。ケアスタッフをとりまとめ、ケアサービスの内容の把握、実施の管理を行います。理念に基づいたサービスの質の向上を目標にしています。
  • サービス提供責任者
    ケアサービス提供の責任者。訪問介護計画書の作成、モニタリング等を行い、理念に基づいたサービスの質の向上を目標にしています。管理者が兼務することもあります。
  • ケアスタッフ
    ホームヘルパー1、2級修了者。または、介護福祉士などの有資格者。定期的、かつ継続的な研修を受け、介護の質の向上を追求しています。
サービスの流れ

ケアマネジャーから依頼を受ける(ケアプランの確認)

サービス担当者会議

アセスメント

ケアプランを基に訪問介護計画書作成

スケジュール決定

サービス開始

モニタリング

適切なサービスの提供のためにサービス提供状況の把握と評価を行います。

サービスの内容
  • モーニングケア・イブニングケア
    朝晩の洗顔、歯みがき、着替えはリズムある生活の基本です。
  • 日常の家事
    毎日の生活に必要な基本的な家事をお手伝いいたします。
  • 食事の介助と調理
    メニューのご相談、買い物、調理、配膳、そして食事の介助をいたします。
  • ご自宅のお風呂での介助、手浴・足浴の介助
    ご本人のぺ−スや体調に合わせ丁寧に介助をいたします。手や足の部分浴だけでも安眠を促す効果があります。
  • 清拭
    お身体を温かいタオル等で拭いて清潔に保つサービスです。
  • 排泄介助
    トイレやポータブルトイレでの介助、おむつ交換の際の介助をいたします。
  • 移動介助
    ベッドからお身体を起こす、いすに座る、食卓につく、トイレに行く、外出するなど、移動をサポートし生活空間を広げるサービスです。
  • 通院介助
    かかりつけの病院までの行き帰りを安全に介助いたします。
  • 深夜のケア
    ケアプランに沿った時間に必要な介助をいたします。
サービス利用料金(工事中)