サービス内容の案内

施設の写真

「可能な限り在宅で生活したい。しかし、そうするには身体的、精神的に不安がある。」そうした人達に、できる限り「在宅」に近い環境で、食事・入浴などのサービスを握供し、高齢者の健康に配慮しつつ、自立した生活を確保するための福祉機能と生活機能をあわせ持つ施設です。

自分の身の回りのことは自分でできる人が、食事、入浴、住居のサービスの提供を受けて生活する、自立を尊重した施設です。

主なサービス

  1. 食事の提供
  2. 入浴の準備
  3. 緊急時の対応
  4. 各種相談と援助
  5. サークル活動など日常生活の支援
  6. 罹病、負傷者等緊急時の連絡援助
  7. 夜間の管理体制

安全で安心して暮らせる居室の提供

居室

ケアハウス万葉では、暮らしの拠点となる各個室は27平方メートルと、思いきり広い面積を取り、各室に、トイレ、洗濯機置場、キッチンを設けてあります。プライバシーを保ち、使い勝っての良い居室となるよう配慮されています。
また夫婦部屋は、リビングと和室、洋室を持つことにより様々な、生活シーンに対応できるようになっています。
居住者が自宅で暮らしてきた延長で、無理なく、快適に暮らしていただくことができます。
共有スペースでは立山連峰や日本海を一望できる8階娯楽室等、快適に生活できる様々の工夫がなされています。 

朝・昼・夕の食事サービス

食堂は、外部に大きなテラスと、広い芝生の庭に面し、開放感のある、気持ちの良い空間です。 食事は、居住者の健康に応じた個別的対応(糖尿病等)も致します。
また各個室に調理設備がありますので、居住者が自由に調理をすることも可能です。

入浴サービス

1Fに大浴場、各階に浴場を設け、いつも健康で清潔な生活が出来るよう配慮されています。とりわけ大浴場は、専用の庭園と、デザインされた内部空間により、リフレッシュに最高の空間となっています。

各種生活相談・助言

 健康上・生活上の問題など、職員が親身になってご相談に応じます。 

サークル活動など日常生活の支援

共有スペース

居住者のグループ活動や、サークル活動など、ケアハウスの広い共有スペースや敷地を利用して様々な活動を行います。地域社会との交流も行われます。

必要に応じた外部サービス

買い物や、その他の活動など、入居者が自由に行うことが出来ますが、ケアハウス側でも、定期的または、必要に応じて外部サービスを行い、居住者の便宜に応じます。

緊急時への対応

疾病・負傷等の緊急時には、速やかに対応いたします。

入居について

自立の生活を基準に、次のことを条件として入居を決めています。

  • 年齢は60歳以上の方で、夫婦の場合はいずれかが60歳以上であれば可。
  • 一人で自炊できない程度の身体機能の低下が認められ、又は高齢のため独立して生活するには不安がある人、家族と同居できない人。
  • 伝染病疾患及び精神的疾患等がなく、問題行動がない人で、共同生活に適応できる人。
  • 自立して日常生活ができる人、もしくは在宅サービス等を利用して、自立した日常生活を営むことのできる人。
  • 生活費に充てることができる資産、所得、仕送り等があり、所定の利用料が支払われる人。
  • 確実な保証能力がある身元保証人のいる人。

配食サービス

配食メニュー

普通食・治療食や嚥下食などを、地域にお住まいの皆様にも役立てていただこうと、配食サービスを行っています。

  • お問合せ/TEL:0766-86-8686

詳しくはこちらをご覧ください。